喪失 (2007)

人、とだろうが 
猫、とだろうが
なんであれ
大切なものとの別れは
共有していた「時」を一緒に失うこと
それはつまり、人生の一部。
 
たわいのない些細な出来事を

「あんなだったね 
 あのときも こんなことがあったね、
 あそこで、あんなものを見たよね」

と もう語れないなら
きっと
自分の一部を失うのと一緒


失恋や 死別 だけが「別れ」ではなく
信じていた相手に
手ひどく裏切られたときも
それは 同じ

ある人に
相手は死んだと思うしかない と 
いわれたけれど
本当にそうなのだ

 


その人と共有していたはずの 人生と
これから共有していくはずだった 未来が
どちらも 消し飛んだような
そういう喪失感を
反芻している日々です
それは どういう意味なのかを
見極めたくて
立ち去れずに 此処にいる
立ち去るべきだったのに

 

消し飛んだかけらたちは 
もとどおりには 
決してならないのだけれど
 
 
夫や恋人の愛に包まれて生きるだけが
人生の幸せではないから
別の生き方に 
たどりつけると いいと思う


さあ。
乾いたさみしさは
心のすみの箱の中にいれて
鍵をかけよう




そして 今 音楽に辿り着いたのです。
いえ 原点に戻ったといったほうが正確です。
今 わたしは 自分で自分を満たす
自分ひとりで自分を愛していこうと思う。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード