虚空

私の心は 中空でとまったまま
やわらかいベッドでぼーとする とか
無防備な幸福感につつまれる とか
無邪気に笑い転げる とか
そういうことに「待て!」としたまま
 

つかれた 

力を抜いたら
底なしの闇に落ちてゆきそうだ


懸垂状態でとまっている腕



心が痙攣

 

鎧は着ていないかのように
見せかける「穏やかな平常」


写真立てには
6年前の私の写真
こぼれるような笑顔



   2003.08.20

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード