失われてゆくもの

失われてゆくもの
それは
鏡の中の私
 

13歳の頃
映ったもの それは
上気した顔
おそれを知らぬ目
生とは果てしなく
先の見えないトンネルだった頃
 

20歳の頃
映ったもの それは
誰にも負けぬ 輝かしい肉体
ゆらぎながらも傲慢な瞳
 

鏡に映ったものたちは
無常
いっときの幻
蝋燭の灯

 

いつか
灰と消えてなくなる
うたかたの 生


いつか 鏡が静かになるとき
そこには
ただ 空だけが 映っているだろうか


2001.03.23

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード