スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬枯れ

孤独は
静かに 心をむしばんでゆく
大根に す が入るように


あるとき ざっくり崩れて
やっと
自らの 空洞に 気づく



いくども
いくども
洞窟の中 逆巻く風のように
行き場なく通り抜けるものを
感じていたはずなのに



胸の裏側あたりが
しくしくと落ち着かず
じっと坐っていられない

そんな
己の姿を
知っていたはずなのに



カーテンを引く
目を背けてしまう



外を見る
この世には うつくしいものが
たんとあるから



外を見ない
この世には かなしい風景が
飽きるほどあるから



そうやって
病巣が
毎日
わずかずつ わずかずつ
食い荒らしてゆくのに
手を打たず



   私の心の中の 芒原(すすきはら)に
   今日も 冬の 風が 渡る
   ひゅうひゅうと 
   風が鳴る



心がゆくホスピスはあるの?



     2001.01.26

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。