スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス玉 (Aged22)

まるい ガラス玉はうつくしい
完全で 透明で
しかし それは 世界を
けっして受け付けぬ 傲慢な玉だ
臆病な


砕けた ガラス玉
ぶざまな不定形だ
もはや 透明でもなく
もとにもどらぬ崩れた完璧


しかし まだ もっと
もっと 砕けてしまえ
こなごなに
こなごなに
砂粒のように
いや 砂よりももっと細かく


もはや どんな光も拒まず
どんな力によっても姿を変えられず
どんな形も どんなあやまちをも
拒まぬ そんな粒になるまで


Aged 22






22歳のとき書いたもの。

生きていくとともに 自分は かつて自分が思い描いていたような  
自分ではいられなくなってゆく。

描いていた自己像を裏切るのは自分。


醜く、あざとく、あさましく卑しい自分。
だけど それもまたよし。

そんなこわれた自己像を ひそかに愛しく抱いてゆけるのも また自分ひとり。

そして 美しく疵のない玉は また 
なにものもを受け付けぬ閉じた世界である。
こわれてしまうなら 半端にこわれるよりも 
どんなものも受け入れることができるほどの
なにもかもを許せるようになるほどに 
傷ついて こわれてしまったほうが
きっと、よい。


少女の頃の自分の いかに 傲慢であったことかを、思い知った頃。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。