スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ (Aged 19)

日が暮れて
鳥が飛んで
花も からだを閉じる


風の中で
からだが散ってゆきそうで
散ってゆかないまま


夜明けにおびえ


寒い
  寒い
此処は とても 寒い
  だけど


どこの宿も すでに戸を閉ざし


潮は 遠くへ
 遠くへ と
   退いてゆくだけ




追いつけない
 


19歳のとき書いたもの。

この頃 自分の人生の道筋を変えるような出来事に次々巻き込まれ
自分が罪人であるような気持ちで毎日を生きていた。

その中で 神秘的な恋もし 
また 自ら破れていったりもした。
誰も彼もに見捨てられたようなそんな日々だった。


「事実は小説よりも・・・」というが まさに そんな日々が続く。

そして それが鎮まることなどないのも この頃の私は 
まだ知る由もない。


わたしの人生の中で19歳というのはとても大きな位置を占める時期だ。
この1年ほどの間に、異様に凝縮された密度の濃い出来事を体験した気がする。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。