スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白昼夢

意思を持って強く念じれば 
夢も本当になる
と信じた私と
夢は夢として 誰にも邪魔されず 
ただ  夢見続けたかっただけの
アノヒトと



アノヒトの夢に 私の夢がある日迷い込んだ
一緒に夢を見た
きつく抱き合った
誓い合った
だけどアノヒトだけが 生き残った
最初から自分は死ぬ気のなかった
心中の片割れとして


夏の昼下がりの陽炎のような
美しい言葉と
ありふれた悲喜劇


真っ暗な 棺のような
音の無い森で
目覚めた私
  






◆◆◆自作詩一覧へ →Click

Autumnl 2014


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大島渚の、こんな言葉を思い出しました。

深海に生きる魚族のように自ら燃えなければ何処にも光はない。
訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。