スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡霊


     ひとつになろう ひとつになろう 
     と どんなにそれを願っても
     ひとつになれない 淋しい種子が
     思いあまって きつく抱きあい
     互いに同じ夢を見た
     その夢が果肉の部分
     ひとよ
     ひとよ
     だからもう 薄い果肉と
     なじるのは止せ
     その夢の味 たたえたあとは
     その種子をまた 寄せて埋めよう

        枇杷の実<高野喜久雄>





固く抱きあい
ひととき儚い夢を見た私達
 

賭けに負けた人魚のように
すべてをもぎとられ
  
  

めくるめく深い森の中で 
「あのひと」の影と私は
いつまでも奏で続ける
   
 
食べることも忘れ
老いたことも忘れ


麻薬のようでもあり
媚薬のようでもあり
触れることもできぬ
 


音楽の森の中で 
道に迷い
魂を抜かれた

  
 
孤独な音は
誰もいない森の中で 
こだまのように重なりあう
  

もう変わることのない
過去のやさしさの中
人知れず続く
天上の音楽

 
 
それはまるで
終わることのない負債

20131028_165043.jpg




   
◆◆◆自作詩一覧へ →Click



テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。