スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刻印

なぜ 今さら私は泣くのだ
心に刻まれた刻印


一度彫ったら 一生消せぬ刺青のように
ヒリヒリする空虚な言葉
まるで醜い傷跡のような。



バッハは自分のための音楽だ
そう言った
モルゲンが好きだと言った
あの涙のでるほど美しい旋律を


私は
私の傷痕を燃やし尽くさねばならぬ
誰にも知らせることなく


わたしは、あの物語の
「おさかな」だ
夢の中で誰かが私に会いに来るといったから
待ってしまったけれど
とうとう待つのをやめて
泳ぎ去った、おさかな


あの部屋は 空っぽの海
片付けず
鍵もかけず
サンダルばきで出掛けたまま
帰らぬ主 それが私


さよならという言葉すら置き去りに
私は ただ
パタンと本を閉じた
分厚い本を



開けたままの窓から時折吹く風が
ページをめくるけれど
もう
どこまで読んだのか
物語が終わったのかすら
誰にもわからない



もうすぐ 痛みの秋が来る


1269477_543736012358245_1458157696_o.jpg



   
◆◆◆自作詩一覧へ →Click
 

  



テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。