スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の棺に

3月に死んだら棺に沈丁花を
6月に死んだらクチナシを
10月に死んだら金木犀を入れてください
 
1月に死んだら雪うさぎ
あの降りしきる雪の恐ろしい夜を忘れたい
  
2月なら紅梅を一枝
4月は、あなたの名残の花桃を棺いっぱいに
  
7月に死んだら 濃い影を
  
あなたと夢を重ねた8月に死んだら
熾火の灰を一握り
あの音楽を奏でてください
  
あなたを失った11月に死んだなら
あのモミジバフウの紅と
イチョウの葉を敷き詰めて
   
  
そしてどうぞ
最後に
空っぽのあの緑の箱を
もう思い出すら入っていない
あの箱を入れてください


◆◆◆自作詩一覧へ →Click
モミジバフウ



テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。