洗濯<黒田三郎>

酒を飲み
 ユリを泣かせ
 うじうじといじけて
 会社を休み

 いいところはひとつもないのだ
 意気地なし
 恥知らず
 ろくでなしの飲んだくれ

 われとわが身を責める言葉には
 限りがない
 四畳半のしめっぽい部屋のなかで
 立ち上ったり坐ったり

 わたしはくだらん奴ですと
 おろおろと
 むきになって
 いまさら誰に訴えよう

 そうかそうかと
 誰かがうなずいてくれるとでもいうのか
 もういいよもういいよと
 誰かがなだめてくれるとでもいうのか

 路傍の乞食が
 私は乞食ですと
 いまさら声を張りあげているような
 みじめな世界

 しめっぽい四畳半の真中で
 僕はあやうく立ち上がり
 いそいで
 洗い場へ駆けてゆく

 小さなユリのシュミーズを洗い
 パンツを洗い
 誰もいないアパートの洗い場で
 見えない敵にひとりいどむ

 水は
 激しく音をたてて流れ
 木の葉は梢で
 かすかに風にうなずく



                     詩集「小さなユリと」

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード