スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、友が無くては、耐えられぬのです。しかし、
私にはありません。この貧しい詩を、これを読んでく
ださる方の胸へ捧げます。 そして 私を あなたの友
にしてください。



八木重吉「秋の瞳」序文
「青春の詩集」日本編/八木重吉詩集/鈴木亨編
白鳳社 ISBN4-8262-1918-0

引用




少女の頃から  ずっと変わらず
私の心のなかには この 「序文」 が
鳴り続けております。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

限りない春の訪れ

26日の演奏の様子、拝見いたしました。チェロは生で聴いたことがありません。弾いてみたいな。

猫の動画見ましたよ。黒猫さん、なるほどね。

ベートーヴェンのロンド。素敵ですね。こんなに良い曲だと、再認識しました。ありがとう。

チェロでの展覧会の絵は可能でしょうか?

No title

ありがとう。
バッハは大好きです。大昔はギターでソナタに挑みました。
御苑のあたりですね。
土曜日は行けませんが、がむばって下さい。

優しく雨が降り注ぐ

先日、2015・3・21の渋谷でのチェロを弾く黒猫さんの映像を拝見いたしました。
いつかどこかの駅前で、お会いできたら、yesのand you and iをリクエストいたしますので、よろしくお願いします。

あとアンコールでムーンチャイルド。

でもやっぱりビートルズの幸せは撃ったばかりの暖かい銃が聴きたいな。


木陰に命を訪ねし候      幾度も終局を乗り越えた命       それぞれのそれぞれが大切なこと      ゆっくり進もう
一生を費やして三行の詩を記すくらいの速度で

No title

よかった。

Re: No title

> どうしました?


生きてますよー。。。! 大丈夫です

Re: 彫まれたる空よ光よ

Crimson 大好きです(^^)

彫まれたる空よ光よ

黒猫さん。コメントありがとう。さっそく読んでおります。余りの作品数に驚きました。読みつづけてゆきますね。
ここ、詩と言葉は、懐かしく心地よい。キング・クリムゾンの音楽のようです。

Re: No title

とても印象的な詩がたくさんあります。ぜひ読んでみてくださいね。

No title

八木重吉という表現者を、はじめて知りました。良いですね。
訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。