スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロメテウスの火

歌うたび
喪ったものにえぐられる
 
歌うたび
かさぶたが剥がされる
 
禁じられた火を盗んだ罰に
生きながら腸を大鷲に啄かれ続ける
プロメテウス

 
かつて
あなたの歌になりたくて
焦がれ続けた
あなたのその声で
歌われようとして
ひとりで哭いた


わたしたちが盗んだ火は
池に写った月
わたしの夢のなかに迷い込んだあなたが
あなたの夢の中で ほんのひととき
わたしの夢を抱き
わたしを歌った
 
 
ひとときだけ
わたしは あなたの夢になり
歌になった
 


届かぬ声
届かぬ旋律
永遠に断ち切られたロープは
風に舞う

 
えぐられる
千の針が刺す

  
かつての 美しかった歌は
いまは 声を失い
無残に腸を晒す 地縛霊
 

それなのに
わたしは といえば
その「痛み」すらも愛しく
手放すことができぬのだ

 
 





テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。