スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空っぽの椅子と

ひっそりと
私の「現実(うつつ)」の中には いつも
あなたのための椅子があった
空っぽの椅子が。
 
 
あなたが花桃の枝を剪定してくれ
ああだこうだと談笑し
秋の日差しの中で
一緒に珈琲を飲んだ
 
 
疲れたあなたに
「椅子」をそっと差し出し
あなたは座る
あなたにとっては
「夢の中の椅子」に過ぎぬけれど
 
 
忘れないで
 
それは 
私の一番大切な時間だったこと
 
 
あなたを失くし
その椅子は永遠に空っぽで
そこにある


 
あなたの切った枝は
庭に埋葬した

 
あなたが切り取った
私の心と一緒に 

 
 
 
   
 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

椅子を
ひとつ想像してみて下さい
その椅子で
あなたの夢を休ませてあげて下さい

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。