fc2ブログ

あなたが求めるものが

あなたが求めるものが 美しい花ならば
わたしは花になろうと思った
あなたが求めるものが やわらかな鳥の羽ならば
やさしい羽毛となって包もうと思った
あなたが望むものが一杯の酒ならば
今宵あなたに呑まれて雫と消えようと思った
 
そうすればあなたに愛されるというなら
あなたの望む何にでも姿を変えよう
わたしの望むものは たったひとつ

それでいい、と思っていた
それでいいのだ、と
でも


花ではなく
羽毛ではなく
一杯の酒でもないわたし
居場所を見失ったわたしは問う

あなたの心の中にある私は どんなわたし?



(2010年)

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード