日々を慰安が<吉野弘>


   さみしい心の人に風が吹く
   さみしい心の人が枯れる W.B.イエーツ



日々を慰安が
吹き荒れる。
 
慰安が
さみしい心の人に吹く。
さみしい心の人が枯れる。
 
明るい
機知に富んだ
クイズを
さみしい心の人が作る。
明るい
機知に富んだ
クイズを
さみしい心の人が解く。
  
慰安が笑い
ささやき
うたうとき
さみしい心の人が枯れる。
 
枯れる。
 
 
なやみが枯れる。

  
ねがいが枯れる。
 
 
言葉が枯れる。

 
 

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

日々を慰安が

はじめまして。
山田太一 編 生きるかなしみという文庫本の最初に
「日々を慰安が/吹き荒れる」 の文字がありました。そして
吉野弘さんの 「或る朝の」 が紹介されていました。

吉田拓郎の「祭りのあと」にも 「日々を慰安が吹き荒れる・・・の詩が
唄われています。

こういう詩でしたか・・・。
たくさんの 心に沁みる詩がありますね。
ありがとうございました。
訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード