引き裂かれたもの

その書きかけの手紙のひとことが
僕のこころを無惨に引き裂く
一週間たったら誕生日を迎える
たったひとりの幼いむすめに
胸を病む母の書いたひとことが



「ほしいものはきまりましたか
 なんでもいってくるといいのよ」と
ひとりの貧しい母は書き
その書きかけの手紙を残して
死んだ



「二千の結核患者、炎熱の都議会に坐り込み
 一人死亡」と
新聞は告げる
一人死亡!
一人死亡とは



それは
どういうことだったのか
識者は言う「療養中の体で闘争は疑問」と
識者は言う「政治患者を作る政治」と
識者は言う「やはり政治の貧困から」と



そのひとつひとつの言葉に
僕のなかの識者がうなずく
うなずきながら
ただうなずく自分に激しい屈辱を
僕は感じる



一人死亡とは
それは
一人という
数のことなのかと
一人死亡とは



決して失われてはならないものが
そこでみすみす失われてしまったことを
僕は決して許すことができない
死んだひとの永遠に届かない声
永遠に引き裂かれたもの!



無惨にかつぎ上げられた担架の上で
何のために
そのひとりの貧しい母は
死んだのか
「なんでも言ってくるといいのよ」と
その言葉がまだ幼いむすめの耳に入らぬ中に



   黒田三郎詩集 <渇いた心>所収
   「現代詩文庫」思潮社



 一人死亡とは
 それは
 一人という
 数のことなのかと
 一人死亡とは

いまだに ことあるごとに 私の心に重く響いてくる一言です。
新聞を読むたびに TVを見るたびに
幾度も心にこの執拗な問いかけが蘇るのです。

 わたしたちは 記号 ではない。
 血肉を持った ひとりの人間なのである。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード