fc2ブログ

冬の黄昏

夕暮れ時
買い物帰りに見上げた西の空

裸木のレースに透けて見える金の雲
夕焼けに憑かれ
遠回りしてのぼる坂道


空いっぱいに広がる黄金色の光
胸が高鳴る
冬だけの絶景


私にとって何より大切なもの







202201192337071b3.jpg

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード