FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼」

HDDを整理していた。
2002年だの2003年だのの画像フォルダを久しぶりに眺めた。
前のマンションでの4匹の猫達。
「幸せだったのにね…」とおもわずひとりごつ。

幸せだった、は 人の方ではなく、猫たちの姿。
この子たちとの時間が幸せで平和だった。

4匹のうち2匹は3年前に旅立ってしまった。
他の2匹も まだ子猫だったり、ぴちぴちの若猫だ。
今は2匹とも年を取ってしまった。
 
そして人間も。


父も母もこの時は元気だったけど もう居ない。



夫とは 続かないかと思った割には続いていて 
この頃二人の間にあった「嵐」は過ぎ去り
それなりに馴染んで平和な日々となり
二人共 年を取った。


この頃  今のように音楽は再開してなかった。
ただ ひとりでピアノを(ピアノの音が嫌いな夫の居ない時に) 練習しているほかは、もっぱら音楽は聴く方ばかりだったっけ。


音楽を(チェロを)再開することで出会ってしまった 色んな人、
出会ってしまったために 起こった 悲惨な事件、
あれ以上の修羅はないと思うほどの凄惨な修羅の末に惨殺された私の心は永らえたものの、今 これは生きていると言えるのか言えないのか?
わからないけれど とりあえず私という人間は日々を暮らしている。

去年(2013年)の突発的な転落事故が原因で少しばかり健康に制約を受けてしまってるけれど
それだってあの頃 想像もしてなかった未来。




「音楽は魔物」 
と その人は言った。
私と酒を酌み交わしながら。


そうだね。魔物だね。
私達はその悪魔に魂を売ってしまったのだ。
その割には見返りに大した音楽の演奏能力は与えられなかったけどね。


声と引き換えに望むものに全てを賭けた人魚姫と
私達は変わらないのかもしれない。

勝負に負けて最後は海の泡になるとこまで同じなのかどうか。


私にそう語ったその人は
かつては私の人生で最も愛と尊敬を捧げた相手だったが
ある日、すさまじい「鬼」に変貌してしまった。
人は己の魂を鬼に喰らわたら 己も鬼に変わってしまう。
悲しい、悲しい、鬼。
愛しい人の変わり果てた姿を見た
オルフェウスのように 
私もそこで 黄泉の坂をUターンしてすぐさま戻らなければなかったのに
思いきれず
いつまでも亡者と添い遂げようとしてしまったね。
とっくに死んでいるものと。


去年の転落事故の遠因も
その 悲惨な出来事にあると密かに心の奥で確信している。
あの体験で 心が吹っ飛び 一時はかなり深刻な状態になり
3年かけてどうにか立ち直ったあとも、不眠症状だけが消えず、
そのために処方されていた眠剤が原因の事故だから。
そう考えると、人生って本当に因果、因縁で綴られてゆくのだと感じる。





しみじみと 旧い日々の懐かしさと、
今なお生きてゆくことの心の痛みとを噛み締めたのだった。


それでも人は生きてゆく。
人の心は、しぶとくいつか蘇り再生し、新しい朝を迎えてゆく。
一度 割れてしまった陶器を金と漆で再生させる「金継」という技術がある。
その器は無欠だった以前の器とは別の器となる。
金継した傷痕が新しい美しさになり味わいとなる。

しかし 割れる前の強度には二度と戻らないから、いたわりつつ大切に永らえなければならない。

人の心も同じなのです。






スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

宮部みゆきの「模倣犯」

たまたまテレビ東京で宮部みゆきの「模倣犯」(映画)を放映していたので見るとはなしに見ていた。
作業しながらの「ながら見」だ。
ところがどんどん引き込まれてしまい結局作業の手を止めて最後まで見ることに。
良い映画だった。
 
橋爪功さんはやっぱりいい俳優だなあ。
でも一介の豆腐屋にしちゃかっこよすぎるかな。
「ハードボイルドな豆腐屋」


岸部一徳の刑事が犯人逮捕するときのセリフ!

「お前には… うんざりだ。」 

に 妙にシンクロしました。
そして

「あなたはオリジナルじゃないのよ
 模倣犯なのよ!」


と言われた瞬間に自意識の砦が崩壊する犯人。
ははぁ。なるほど。


つくづく、人間て動物の持つ、この「自意識」って怪物は諸悪の根元。

アイデンティテイとは「私はこういうヒトである」と自分で自分を名付けることに過ぎず、
そのような「物語」を必要とする段階ですべての人間とはすでに病んでる。

猫はそんなもの必要としない。
常にあるがままだ。
人間、そもそもが壊れてると思う。

「自意識」 これはいったいいつ目覚めるのか。
生まれたての赤ん坊には猫並に無垢な気がする。
鏡を見たり「あたしってかわいい?」と気にしだす段階は既に病気が始まっているわけだ。

そう。

鏡という代物。

こんなものが存在しなければ人は内側から見た自分と外側から見た自分のバランスを気にすることも無かったろうかと思う。



そんな事を考えさせる作品だった。



テーマ : ドラマ・映画
ジャンル : テレビ・ラジオ

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。