スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まらぬ音

かたちあるものならば
手で触れ
鍵をかけて閉じ込めることもできようが



眩暈のような絶望感


ちりちりと焦げるような渇き
拠り所のない身もだえ
どこまでも
どこまでも
虚空に腕を伸ばし続け。



見えたと思えば 幻
真夏の陽炎
あるいは
するりと消える逃げ水




触れることすら出来ぬ切なさ


 

虚空に耳を凝らす



心のようにとらえどころがない、
だけど希求して止まぬ何か。

  聖なる美しいもの。


千の針に貫かれた私の身体の中から
出たがっているこの歌



私のものにしたい音楽
私のものにはならぬ音楽



想いは何度遠ざけても
眩暈のするようなその中心に向かって
らせん状に落下してゆくのです


私の意識に君臨し続ける
あの音楽


苦しい。



この音を誰か止めてほしい。








燃える夕景



   
◆◆◆自作詩一覧へ →Click
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。