スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話していた時は気にも止めなかった言葉が

ずっとあとで

心のあちこちにひっかかっていて

大泣きしてしまう

波打ち際で波が退いた後に残る

尖った貝殻みたく それは

いつの間にやら突き刺り

私を痛めつける

  




何本もの棘

 

喪ったものを 思い知らせる 棘たち
 





   
◆◆◆自作詩一覧へ →Click
 


 


スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

蜘蛛の巣

緻密に張られた蜘蛛の糸が
無造作に壊される
ひとふりで 払いのけられる脆い存在。


渾身の力で
身を削って吐き出した糸で編まれた作品が
いとも簡単に。


だけど かまわず
彼はまた営々と作り直すだろう

人間のように悲しむこともせず
黙々と
ただちにまた
「現実」を綴り始めるだろう


彼の世界
彼の棲家
彼の日常。


何度払われても
何度否定されても
その意味など考えず。


いつか主の消えた巣だけが残される日まで

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。