fc2ブログ

音楽

眠れぬ日々の夢とうつつに
目眩の中で弾くBACH
弾くうちに
うつつを超えて肉体が消えていく
もう生きてるのか死んでるのかわからない、
そんな奇妙な感覚


夢もうつつも
己の心が生み出す幻想なら
境界線はどこにあるのだ
 

それをやすやすと飛び越えてゆくかのような
音楽の危険な翼につかまりながら
奇妙にリアルなこの感覚に
もう
自分はどこにいるのかすら
わからない

 
 
廻り続ける独楽のように
「弾き続けなければ」

どこかで煽る声が
聴こえる
  

 
 (2010年秋)

 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

秋の別れ

秋が来るたびに私は哭くだろう
あなたが剪定した花木は
小さな芽をつけている
春に花が咲いたら
きっと私は大泣きするだろう
庭に出れば
あのときあなたが切った小枝が
まだ散らばっている
片付けることが出来ず
いつまでも消えて欲しくなくて
そのままにしている 
あの日あの椅子にあなたは座っていた
 

 
( 2010年秋)

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

恋は

恋は
さながら悪い夢
 
薬物中毒患者のように
待ち焦がれた
わずかな時と引き換えに
他のすべての
時を失い
みずから囚われ人となる
 

愚かな愚かな悪い夢


それなのに
その悪夢の中が
最も凝縮した生を燃焼しているとは
どういう冗談、
どういうあやかしだ。


愚かな甘美な悪夢
底なしの




◆◆◆自作詩一覧へ →Click


2010年 秋


 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

渇く

まるで海水のように
飲めば飲むほど喉が焼け
渇いてゆく
 
 
食べれば食べるほど飢え
呑めば呑むほど渇き
癒されることが永遠にない
地獄に堕ちる
 

すべてが偽物?
何もかもが幻想でまがい物?
私の心を蝕んでゆくものたち
 
 
音楽は魔物
底知れぬ官能の虜
麻薬のように中毒していく
 
 
音と音を絡めながら
私の心は半ば狂っているかのようだ


(2010年)




テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

からだとこころ

からだを通して
愛は執着にかわり
からだを通して
愛は苦しみにかわる

 
からだを通して
こころとコトバは仲違いし
からだを通して
ふたつのこころは泥のように混ざり合う
 

心の沼の底には 
私も知らない一尾の魚が眠り
からだとぶつかりあったこころが
のたうち回って底をかきまわす
目覚めた魚は 泳ぎだす


からだと こころが 和解したとき
やがて水は透き通り
青い月の光が魚の棲家を照らすだろうか
美しい一筋の光が
いつかきっと


(2010年)

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード