スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の中で

深い森の中で
迷子になって 泣いている子供がいる
 
あれは私だ 
 
父も母もいない
最初から失われている
 
 

 
同じ森の中で ある日
もうひとりの子供に出会った
もっと怯えて泣いている子供
貪ることしかできない
かわいそうな子供
 
 
わたしは その子供を抱きしめる
まるで自分を抱きしめるように
抱きしめる
その子は
私を貪り始める
 
血が流れ
痛みがそこここに感じられるけれど
 
それでも
私はその子を抱きしめる
 
なぜだか
そうしなくてはいけないような気がして
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。