スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鎮魂歌」~木原孝一さんのこと

木原孝一という詩人がいる。
故人であるから「いた」と過去形で書くべきなのであろうが、作品は生き続けているので、あえて現在形で書いてみる。
木原孝一は戦後の詩史の中心であった「荒地」同人であり、わが父親の親友でもあった。

木原氏についてはいろいろな思い出がある。

私が幼児の頃、川崎の社宅住まいだったのであるが、その当時、この「木原のおじちゃん」はよく家に遊びに来たのを覚えている。子供心に「いつもお酒飲んでる」「声がおおきい」と思っていた。

ある時など、私が母親に叱られて玄関先に閉め出されていたところへ「おじちゃん」はやってきた。

「木原のおじちゃん」は来るなり玄関の前で仏頂面(多分)で座り込んでいる小さな女の子を抱えあげ、無理やり肩車をして、勝手に玄関をあけて我が家に凱旋したのであった。
「この子、玄関に捨ててあったぞ~」と叫びながら。 
私は泣きながら「捨ててあったんじゃない!」と「おじちゃん」をボカスカと殴っていたようなおぼろげな記憶があるのである。


さて この「おじちゃん」はいつも酔っ払っていたような気がする。

子供心に 「なんとなく苦手」と思っていた。 
父親も大酒を飲んではクダを巻いていたので、大酔っ払いが二人揃えば、傍に居た子供がどんな目に合うかは、あなたにも想像がつくことだろう。

この「酔っ払いのおじちゃん」が実は結構有名な詩人であるなんてことは、子供には何の価値もないのであった。


高校生になった頃、私は詩に親しむようになっていた。蛙の子は蛙、だからなのか、単なる親の洗脳教育の成果なのかはわからない。

何しろ、本だけは腐るほどある家である。 現代詩関係の文献なら、その気になればそれこそ何でも読めるわけである。こういった「恵まれた環境」の中で次々と新しい詩作品に出会い、黒田三郎、高野喜久雄といった詩人に傾倒していったのであった。そんな文脈の中で、高校1年生の夏休みの現国の自由課題として「作家論」または「作品論」を書け、という課題が出た時、私は「黒田三郎論」を書こうと決意したのである。


父親に色んな質問をしながら「詩学」(故 嵯峨信之氏の主宰されていた同人誌)や「鮎川信夫詩論集」や「言語にとって美とは何か(吉本隆明氏の名著)」などを片端から引っ張り出してもらい、父親と詩の話をする。 そんな中で、ある晩、いつものように少し酔った父が、妙にしんみりしながら、書棚から一冊の詩集を取り出した。


「木原孝一詩集」


その中からあるページを開いた彼は、「この詩はお父さんが一番好きな詩なんだ」と言って、一編の詩を読み上げ始めた。 「鎮魂歌」



読み終わったとき 彼は泣いていた。

泣きながら私に謝った。娘に思いかけずそんな姿を見せてしまったことへで彼も動転したのかもしれない。

娘はどうしてよいかわからず、戸惑い、黙っていた。 気恥ずかしかった。


ずっと時間がたってから振り返ってみると、あの時、父と心の回路が開けたような気がした。

一人の人間として、苦悩を抱えた人間としての存在として、私の前に立つようになった。

彼と文学の関わりも垣間見た気もした。


戦争にまつわる悲惨な詩の多い木原氏の作品は、バリバリの戦後世代の私には、父が感じたようには生々しく受け止めることができないものが多いのだが、「鎮魂歌」だけはその夜以来私にとって「特別な詩」になったのである。






鎮魂歌

木原 孝一    




  弟よ おまえのほうからはよく見えるだろう
  こちらからは 何も見えない


昭和三年 春
弟よ おまえの
二回目の誕生日に
キャッチボオルの硬球がそれて
おまえのやわらかい大脳にあたった
それはどこか未来のある一瞬からはね返ったのだ
泣き叫ぶおまえには
そのとき 何が起こったのかわからなかった


  一九二八年
  世界の中心からそれたボオルが
  ひとりの支那の将軍を暗殺した そのとき
  われわれには
  何が起こったのかわからなかった


昭和八年 春
弟よ おまえは
小学校の鉄の門を 一年遅れてくぐった
林檎がひとつと 梨がふたつで いくつ?
みいっつ
子山羊が七匹います 狼が三匹喰べました 何匹残る?
わからない わからない
おまえの傷ついた大脳には
ちいさな百舌が棲んでいたのだ


  一九三三年
  孤立せる東洋の最強国 国際連盟を脱退
  四十二対一 その算術が出来なかった
  狂いはじめたのはわれわれではなかったか?


昭和十四年 春
弟よ おまえは
ちいさな模型飛行機をつくりあげた
晴れた空を 捲きゴムのコンドルはよく飛んだ
おまえは その行方を追って
見知らぬ町から町へ 大脳のなかの百舌とともにさまよった
おまえは夜になって帰ってきたが
そのとき
おまえはおまへの帰るべき場所が
世界の何処にもないことを知ったのだ


  一九三九年
  無差別爆撃がはじまった
  宣言や条約とともに 家も人間も焼きつくされる
  われわれの帰るべき場所がどこにあったか?


昭和二十年
五月二十四日の夜が明けると
弟よ おまえは黒焦げの燃えがらだった
薪を積んで 残った骨をのせて 石油をかけて
弟よ わたしはおまえを焼いた
おまえの盲いた大脳には
味方も 敵も アメリカも アジアもなかったろう
立ちのぼるひとすじの煙りのなかの
おまえの もの問いたげなふたつの眼に
わたしは何を答えればいいのか?
おお
おまえは おまえの好きな場所へ帰るのだ
算術のいらない国へ帰るのだ


  一九五五年
  戦争が終わって 十年経った
  弟よ
  おまえのほうからはよく見えるだろう
  わたしには いま
  何処で 何が起こっているのか よくわからない









      自作詩と随想  目次
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

太陽の「白」

私は高校の時、駿台予備校の高校生クラスに通っていた。
その当時、現代国語の名物講師に、藤田先生という方がいらっしゃった。
その先生の授業で、今なお心に鮮明に残っている言葉がある。


「大人における純粋さは 太陽の光の白」

・・・・・白には2とおりある。

ひとつは、まだ 何も書いていない紙の純白。

もうひとつは、全ての色を吸収した結果の 白。

何も知らない赤ん坊の純粋さは いわば ひとつめの白と同じだ。

それはなるほど 確かに汚れもなく貴重なものである。

では、大人になるということは、

ただただその純粋さを失ってゆくことなのだろうか?

否。

大人における純粋さというものがありえるとすれば、

それはいわば 

全ての色を吸収した結果の白、

太陽の光の白なのだ。

あらゆる色を包含した結果もまた 白となる。

しかもこれは揺るぎない白だ。

ただし この揺るぎない白に到達するためには、

綺麗な色だけを選んでいては不可能だ。

醜い色も美しい色もすべて必要なのである。

そして、わたしたちは、光の白さを目指すべきでなのではなかろうか。





・・・・・・・・・・・・・・17歳の私に この思想は感動を与え、心にしみこんだ。
それは いつも私の心の根底に生き続けている理想であり、生きるというこのに対する考え方の基本のひとつでもある。

そしてまた、何十年も人の心に残るような 言葉
そんな言葉を吐ける存在でありたい、と思ったのもまた確かなのであった。






 
 
       自作詩と随想  目次


 
 
 

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

訪問者
realtime view
現在の閲覧者数:
プロフィール

黒猫

Author:黒猫
このブログはHPから詩の部分だけをまとめました。

10代の頃からこれらの詩はいつも自分の中にありました。
私の中にとけ込んだ詩人たちんの言葉と私自身のつたないことばだち。

八木重吉の「秋の瞳」序文ではありませんが、このつたない詩を読んでくれたあなた  私を心の友としてください。

カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。